検索
  • Yuichi Ikeda

豊橋製一号前掛け生地パッチワーク刺し子バッグが出来るまでに





豊橋製一号前掛けの端切れ生地を使用したパッチワーク刺し子バッグ


「シャトル式力織機」が織りなす分厚くて優しい生地


何度も洗い、天日干しを繰り返す


たまに揉み込み鑢をかける


ビンテージの風合いに仕上げ、刺し子でひと針ひと針想いをのせる


世界に一つだけの表情を持った優しい鞄


使えば使うほど育ってくる


ほつれてきても刺し子でチクチク


そのひと針の時間も楽しんで欲しい

自然な風合いを出す為に生地の端切れをロケットストーブでじっくり煮込む


薪をくべて火を起こし ゆっくりと待つ

丁度良いくたびれ具合になるまで洗っては乾かしてを繰り返す


お日様の力をかりて生地に表情を持たす










もう捨てられるはずだった端切れたちをつなぎ合わせ


生地に命を吹き込む














更に鑢をかけて生地を揉み込む


使い込まれた温もりが出るまで生地と向きう


















そしてようやく裁断し 自分の感覚だけを信じて ひと針ひと針刺していく


時間をかけて大切に大切に刺してゆく


良い表情に育つと最後に鞄のカタチに縫い合わす






それぞれ表情の違う世界でたった一つの鞄


長く長く使ってもらいたい


作り手から願いを込めて










閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示